6月11日(日)三位一体主日の礼拝は、加藤博道主教様が教区主教として最後の聖ルカ教会巡回でした。

日曜学校の子どもたち7名がアコライトの奉仕をしてくださいました。昨年のクリスマス、今年のイースターに続いて3回目のご奉仕でしたので子どもたちもだいぶ慣れてきたようです。何よりもアコライトの奉仕を積極的に行ってくれる子どもたちの気持ちに感謝です。

加藤主教様も礼拝の説教の中で、子どもたちに「今日はありがとう。とても嬉しいです。教会は窓です。いろいろな経験をしていってくださいねと」お話しして下さいました。

礼拝後は、会館で感謝の会が開かれました。婦人会の皆さんが準備して下さった食事を頂きながら、主教様のご挨拶、信徒からの感謝の言葉、記念品贈呈、そして最後にみんなで聖歌をたくさん歌い、祝祷を主教様から頂き会は終了となりました。

加藤博道主教さま、14年間私たちをお導き下さり心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

加藤主教最後の巡回①

 

 

 

 

 

加藤主教最後の巡回②礼拝後、アコライトの子どもたちと一緒に